脳梗塞

脳梗塞は、近年益々増加してきています。生活習慣からくる生活習慣病が動脈硬化を招き、動脈硬化が脳梗塞を招きます。脳への動脈が詰まることで起きるのですが、そのことで脳に酸素が運ばれなくなり、壊死を起こしてしまいます。
また、様々な障害を起こすことでも知られており、大変死亡率の高い中で、幸いに一命を取り留めても、後遺症が起こるという最大の難点があります。日常生活の中で、危険因子を取り除いて行く必要があります。

脳梗塞と脳卒中

脳梗塞と脳卒中、混同している人も多いのではないでしょうか。似て非なるものです。

脳卒中

 

脳卒中とはどんなものなのか、脳梗塞との違いを紹介します。

脳梗塞の前兆

 

脳梗塞は突然襲ってくるものと思われていますが、その前に一過性虚血発作が起こることが多いのです。
この発作を見逃さなければ、脳梗塞を予防することができます。


症状

 

発症するとどんな症状がでるのでしょうか。自分がなったとき、家族がなったときのことを考え、頭に入れておきましょう。

診断方法

 

どのように脳梗塞だと診断されるのでしょうか。その方法を紹介していきましょう。


脳梗塞の治療

 

詰まった血管をどうやって治療して行くのかを取り上げています。

予防

 

危険因子となる基礎疾患のことや生活習慣のこと、どれもきちんと管理していれば、発作を起こすこともないでしょう。


大豆との関係

 

大豆に含まれるイソフラボンの効果について取り上げています。

動脈硬化

 

動脈硬化の一番の原因とされる動脈硬化。何が原因で動脈硬化を起こすのでしょうか。動脈硬化は他にも様々な病気の原因になりますので、しっかりと予防するのが望ましいのです。


脳血管障害

国の特定疾病として、介護保険の適用が認められている脳血管障害にはどのようなものがあるのでしょうか。介護保険を使うときのために、しっかりと頭に入れておきましょう。

脳血管が破れる

 

脳血管が破れてしまう疾患として、くも膜下出血があります。脳出血と併せて紹介しています。

脳血管が詰まる

 

脳血管が詰まる脳梗塞には、いくつかのタイプがあります。命に関わるもの、命には別状がなくても大きな後遺症が残るものなど様々です。


予後

発病してから予後はどうなるのでしょうか。不安がありますが、社会復帰を目指して前向きに行きましょう。

リハビリテーション

 

どうしても様々な後遺症が出てしまいますが、社会復帰を目指してリハビリテーションを行わなくてはいけません。
発症してから順を追ってリハビリの方法を紹介します。

脳梗塞の介護

 

後遺症を改善するため、リハビリテーションを行いながら介護問題も出てきます。介護保険を上手に利用して、上手にリハビリテーションしていきましょう。



脳梗塞危険度チェック

脳梗塞を予防する意味でも、その前兆とも言える一過性虚血発作を見逃さないようにしましょう。事故チェックによって、動脈硬化や忍び寄る脳梗塞の危険度が分かります。