• 脳卒中と脳梗塞
  • 脳梗塞の前兆

脳梗塞の前兆

脳梗塞は、脳の血管が極度に狭くなったり詰まってしまうことで、脳に栄養や酸素が行渡らなくなり、脳の組織が部分的に死んでしまう病気です。脳梗塞の症状の現れ方は個々によって違い、障害を受けた部分によって、身体が動かなくなったり、意識を失ったりと様々です。脳梗塞は脳軟化症とも呼ばれ、脳細胞は壊死すると溶けてしまうためにこう呼ばれます。徐々に症状が進行して、脳血管性痴呆になる場合もあります。命が助かったとしても後遺症として介護が必要なケースも少なくなく、福祉の面でも大きな課題を伴う疾患です。脳梗塞の発作を起こす前に、そのサインを見逃さないようにしなければいけませんが、必ずしも前兆があるわけではないので、突然脳梗塞の発作が起こる場合もあります。

脳梗塞の前ぶれ

病気には、前兆と言うものがあります。おかしなことに早めに気づけば発作を予防することができますが、多くは見落としてしまいがちです。前兆があっても20分前後で症状が治まってしまうことも多く、おかしいと思いつつも、すぐに症状がなくなるので、気に留める人が少ないのが現状です。以下の症状が頻繁に起こるようであれば、すぐに病院に行くようにしましょう。


  • 片方の手足がしびれる。
  • 急に手の力が抜けて、持っているものを落としてしまう。
  • めまいがして真っ直ぐに歩くことができない。
  • ろれつが回らなくなる。
  • 力はあるのに歩くことができなかったり、立っていることができない。
  • 人が話していることをよく理解することができない。
  • 文字が思うように書けない。
  • 物が二重に見える。
  • 片側の目に幕がかかったようになり、一時的に物が見えにくくなる。

脳梗塞の前兆は、これらのような一過性脳虚血発作という前兆があります。しかし、この前兆を経験するのは脳梗塞患者の1/4と言われていて、残る3/4は上記した前兆がなく、突然脳梗塞を起こしたということになります。ですから、一過性脳虚血発作がなかったからといって、自分は脳梗塞とは関係ないというのは間違いなのです。

前ぶれのない脳梗塞

一過性脳虚血発作の症状がないからといって、突然脳梗塞を起こす人にも、やはり何かおかしい症状が見られることがあります。


  • 頭痛や肩こりが何の前触れもなく起こる。
  • 常にめまいや耳鳴りがし、手足のしびれや震えが起こる。
  • 歩いていると、何もないのにつまづいたり足がもつれる。
  • 階段や段差をまたぐとき、片側の足をいつも引っ掛ける。
  • 以前に比べ、指先が思うように使えなくなったり、字が下手になった。
  • 簡単な計算ができなくなってきた。
  • 時々顔や唇がしびれる。
  • 記憶が飛んだり、物忘れをするようになった。
  • 一時的に意識が遠くなることがある。
  • 突然ろれつが回らなくて喋ることができないことがある。
  • 早口で話されていると理解できない。
  • 水や食べ物を飲み込みづらくなったり、むせやすくなり、痰がからみやすくなった。
  • 視野が欠けたり、物が二重に見えたりする。
  • いきなり冷や汗が出たり動悸が起こる。
  • いきなり気分が落ち込んだり、うつ状態になることがある。
  • 声がかすれる。大声を出そうとすると息切れする。
  • 少しのことで泣き出したり、大声を出して笑いだす。

これらにいくつか当てはまっていると、脳梗塞を起こす可能性が高いと言えます。1度病院に行き、自分の気になる症状を医師に伝えましょう。脳梗塞の前兆だとしたら、発作を起こす前に食い止めることができます。

覚えておくといいのは、脳梗塞の前兆として、『言語障害』『嚥下障害』『運動障害』『平衡障害』『感覚障害』『視覚障害』などが起こるということです。