脳梗塞予防ガイドイメージ
  • 脳梗塞体験コラム
  • 脳梗塞は再発防止が重要!?血管狭窄を防ぐ手術を行いましょう

脳梗塞は再発防止が重要!?血管狭窄を防ぐ手術を行いましょう

脳梗塞の手術

脳梗塞を起こしてしまった際には、血管が血栓により詰まった状態となり、脳細胞が壊死を起こしてしまう状態となります。

原因となる血栓が細い脳の血管内に次々と送り込まれてしまえば、再発してしまう危険性があります。

脳梗塞の手術の種類

脳梗塞を起こした後に行われる手術は、再発を防ぐために行われると考えておくと良いでしょう。

早く社会復帰をしようとして、リハビリばかりに意識を集中させてしまうことはかえって危険です。

血管が詰まることにより脳梗塞が発生してしまうので、血管の内側に付着している血栓やコレステロールを切除する方法や、脳の血管をカテーテルを用いて拡張させる手術を行うことで再発を防止する方法があります。

血栓を切除にする手術方法

脳梗塞の手術方法

血栓やコレステロールを切除する方法は、頸動脈内膜切除術がよく行われています。

頸動脈を切開して血管に詰まっている血栓やコレステロールを血管の内膜と共に切除する手法です。


大きな動脈に出来ている血栓は脳の血管を詰まらせてしまう確率が上がるので、早めに対処しておく必要があります。

カテーテルを使った血管の拡張方法

脚の静脈からカテーテルを入れて脳内の詰まっている血管部分まで到達させ、バルーンにより拡張させ網目状の金属製ステントを血管内で広げたまま残す手法を使えば、一度詰まった血管も拡張させることが出来ます。


狭窄症状を起こしている血管に対しても使用出来る上に血管の切開を伴わないために、患者からすると負担が少なく済むでしょう。


対策を取らずに脳梗塞を再発させてしまうことは、避ける必要があります。


後悔しないためにも、出来る対策は行っておく必要があるわけです。

脳梗塞を再発しないようにするために

一度発生した脳梗塞は、生活習慣を改善して水分補給をこまめに行うなど血液がドロドロとならないように工夫して生活することが大切です。

手術により脳梗塞の再発をある程度予防することは出来ますが、生活習慣を見直さなければ再発してしまう可能性がある点に注意する必要があります。