脳梗塞予防ガイドイメージ
  • 脳梗塞体験コラム
  • 脳梗塞に対する知識を得ておく

脳梗塞に対する知識を得ておく

血圧測定器

脳梗塞は数年前だと命に関わる場合や、後遺症が残るような病気でした。今では医療の進歩も進み、脳梗塞を発祥しても緩和できる確立が高くなっている病気でもあります。

発見が早いことで治療の負担も軽くなる

発見が早いとその部分の血管を広げることによって治せる可能性が出てきているわけです。


但し、脳ですから、さすがに弄れない部分も多く、かなり大変であることは間違いないでしょう。

そもそも脳梗塞の症状を抑えることができるのであれば、日常の生活習慣で予防できる可能性があるということなのです。


何をすれば良いのか、ということは何が原因であるのかを知ればわかります。

脳梗塞の最大の要因となるのが血圧

脳梗塞は高血圧が問題になる可能性が極めて高い病気です。

そこで、塩分を多く取らないよう控える。というのが対策の一つとしてあります。


高血圧の人用の食事というのがありますから、日頃から食材や調味料を気にしながら、食事をとると高血圧予防だけではなく、脳梗塞予防にも役に立つことでしょう。

脳梗塞が起こりやすい時期

どんな時期に脳梗塞が起こるのか、ということも知っておきましょう。


最も多い時期は夏ですが、冬になると風呂場で、ということもあります。共通している部分として急激な温度変化が体にダメージを与えるのです。

基本的には夏が最も多い時期といえます。


これは統計データではっきりとしていることでもあります。

脳梗塞を予防するために控える食材

塩

脳梗塞にならないよう控えたいのは調味料です。


塩分を抑えるということが基本的な目的です。まずはしっかりと減塩系の調味料を使うようにするとよいでしょう。具体的には醤油です。これが脳梗塞対策としてまず考えるべき食事のポイントになります。