脳梗塞予防ガイドイメージ
  • 脳梗塞体験コラム
  • 多発性脳梗塞の予防法?!気をつけてあげればよかった事とは

多発性脳梗塞の予防法?!気をつけてあげればよかった事とは

喫煙風景

多発性脳梗塞とは、加齢による発生率が高まるものなので、完全に防ぐことは出来ません。しかし、生活習慣の見直しにより、防ぐことが出来るのです。

水分補給の方法を見直す

例えば、水分補給をする時に、お茶や水ではなく、ジュースばかり飲んでいたり、ファーストフードやインスタントのものばかり食べるのは良くありません。


肥満にも繋がりますし、高血圧や糖尿病の原因になってしまいます。


肥満や高血圧、糖尿病などは、多発性脳梗塞の原因となってしまいます。


また、飲酒を毎日している人なども気をつけなければいけません。


少量のアルコールは体に良いとされていますが、飲みすぎは害となってしまうでしょう。

喫煙も良くありません

多発性脳梗塞の発症率が高くなってしまうので、出来ることならきんえんすることを、おすすめします。

多発性脳梗塞になる前兆とは

多発性脳梗塞になる前兆というものがあります。突発性の頭痛やろれつが回らなくなる、手足の痺れなどが挙げられます。このような症状が現れた場合、出来るだけ早く医療機関に受診しましょう。

前兆がおきたら過信せず病院へ

体調が悪い女性

脳梗塞の前兆が終わりしばらく様子を見ると、症状が落ち着く場合がありますが、決して放置してはいけません。


その後も幾度となく脳梗塞の前兆が引き起こされるでしょう。放置していると、重症化し脳梗塞を起こし、急に倒れてしまうこともありますし、最悪の場合、命を落としてしまうことも考えられます。

脳梗塞予防に大切なのは日々の生活習慣

このような多発性脳梗塞を防ぐためには、日々の生活習慣に気をつけましょう。

普段の食生活のバランスを考えることから始めると良いです。


ファーストフードやインスタントなどの高カロリー高脂質のものは裂けましょう。できるだけ野菜を多く摂取するように心がけると良いです。また、飲酒や喫煙を適度に抑えることは大切です。